【新卒】大手企業の最終面接で落ちてしまう理由

f:id:ymnew:20190401002612p:plain

 

2次面接、3次面接まではスムーズに通っても、最終面接でお祈りされてしまう就活生は多いのではないでしょうか。

 

私も、そんな就活生でした。

 

しかし最初に内定を頂いた企業の人事部長の言葉で、その後の就活が大きく変わりました。

 

「本当にうちに来るなら内定をだすよ」

 

たったこんな言葉で、面接の意味を理解することができました。その後は希望の企業にも内定を頂けています。

 

今回は、大企業などの選考過程が長い企業の面接を受ける際のポイントをまとめていきます。

 

目次

1次面接と最終面接の違い

1次面接は相対評価であり、最終面接は絶対評価というイメージを持って貰えると分かりやすいでしょう。

 

面接は選考が進むにつれて、面接官が課長、部長、本部長と役職が上がっていきます。

 

そこで1次、2次面接では、他の学生よりも優秀に見えた人が次の選考に進んでいきます。

※面接で本当に優秀かどうかは完璧には分からないものです。

 

そして本部長の最終面接では、「通過、不合格」ではなく「内定、不合格」となります。

 

通過と内定の違いが、1次面接と最終面接の大きな違いであり、重要な違いです。

 

当たり前かもしれませんが、これを理解していて1次面接と最終面接で同じような受け答えや面接の用意をしている人はこの違いを理解していないでしょう。

 

最終面接では、いくら優秀な学生でも、内定をもらう事は困難です。

 

1次面接で落ちる理由

一次面接に通過できない根本的な原因は、「準備不足」です。

 

高校受験、大学受験と同じように面接もテストです。面接までに自己分析・話し方・逆質問など準備できることをしていな学生は通過できません。

 

私が実際に受けた某損保会社ではこのような質問が飛んできました。

 

あなたのこれまでの人生を3つのキーワードで説明してください

 

普通なら、こんな漠然とした質問に即座に答えられるわけがありません。

 

しかし、このような質問が来ることは、予想が出来ていました。

 

先輩にOB訪問をしたり、インターネットで調べたりと様々な情報を集めて対策することが出来ます。

 

たかが面接ですが、ほかの学生と差をつけるには事前準備は必須です。

 

ただ、何を準備したらいいか分からないという学生も多いのでないでしょうか。

一番手っ取り早い準備の方法は、志望している企業で働いている先輩などに直接聞いてしまうことがおススメです。

 

「そんな知り合いはいない」というパターンもあるでしょう。しかし優秀な学生は手と足を動かし行動をしています。

 

SNSを駆使したり、大学のOB一覧から連絡を取ったりと行動力で差が表れてしまいます。

 

考えることも重要ですが、行動をおこしてから考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

最終面接で落ちる理由

最終面接で落ちてしまう学生は、1次面接、2次面接と同じ要領で面接の用意をしていることが一番の要因でしょう。

 

冒頭でも述べましたが、最終面接では「採用」もしくは「不合格」です。これまでの「通過」もしくは「不合格」ではありません。

 

最終面接まで進む学生は、念入りに事前準備をし通過してきた優秀な学生でしょう。

しかし、企業は内定を辞退されることを恐れています。

 

仮に人事の立場になって考えてみてください。あなたが優秀だと判断し、内定を与えた学生100人すべてが、内定を辞退し他社に就職しました。

 

あなたの企業は、今年の新卒採用が0人です。新卒を採用するにもコストがかかっています。

 

どうでしょうか。恐ろしい事態です。

 

結論として、最終面接では、他の学生よりも相対的に優秀だということをアピールするのではなく、「入社したい」という気持ちの絶対値を伝えることが重要です。

 

まとめ

 

就職活動は思い通りにならないことが当然だと思います。

希望の企業に行けなかったとしても、今や転職が当たり前の時代です。

一喜一憂せず、長い目で自分の将来を見据えることができるといいですね。