元塾講師が教える塾選びのポイント

 

f:id:ymnew:20190224212633p:plain

学習塾選びを間違えてしまうと、毎月高い授業料を払っても成績が上がらず、希望の高校や大学にも入れないなんてことになってしまいます。

 

そうならないように、6年間の塾講師アルバイトの経験から塾選びのポイントを紹介いたします!

 

目次

1.入塾を考える前に 

「うちの子、塾にいれないとこのままじゃ。。。」という背景から体験入塾にこられる保護者さんとお子さんは非常に多いです。

 

ただ、この傾向の子は成績が上がりにくいという現実がありました。

 

というのも「塾に来ても勉強のやる気がない」のです。

 

塾講師としての仕事は、生徒の成績を上げられるように指導することです。

 

しかし、もとからやる気がある生徒と、やる気を出すところから始めなくてはいけない生徒とでは成績の向上率がまったく異なるのは想像がつくと思います。

 

ですので、入塾する前に次の2点を考えてから塾選びを検討するといいと思います。

①親が塾にいかせたいのか、子供が塾にいきたいのか

②根本的に塾にいれる必要があるのか

 

 1-1.そもそも親が塾に行かせたい?

 保護者が、お子さんを塾に行かせたい場合は注意が必要です。

よくあるパターンとして、以下のケースです。

お子さん:全く勉強をせず、学校でも成績が下から数えた方が早い

保護者:勉強するようにお子さんに伝えるが聞く耳を持たない

結果として、塾に無理やりでもいれて生徒のやる気を出してもらおうと考えるパターンになります。

 

しかし、嫌いなものを好きにさせて継続させることは簡単ではありません。もちろん、それも塾の役目だと言われればそうですが、入塾する際の契約書をしっかり見てもらうとわかるように生徒の成績を保証する記載は一切ないのです。

 

塾として最善は尽くすけれども、やる気スイッチ見つけられなかったらごめんなさいで終わりなのです。

 

 1-2.塾にいれる必要はある?

お子さんの目標と、保護者さんの目標をしっかりと話したことはあるでしょうか。お子さんにしっかりとした目標があり、それが自分の学力に合っていれば無理に塾に入る必要はないと思います。

 

塾は必ず成績があがるところではありません。お子さんがどうしても行きたい高校、大学があって、そのために塾を利用しないと今の学力では厳しいというのが理想だと思います。

 

2.塾選びのポイント

さて、入塾の前の検討が済み、塾選びのポイントの段階です。

ここでは、私がおススメする塾選びのポイントを3点ご説明します!

 

 2-1.塾は学校、家から近い?

まず、塾の場所が重要です。有名な塾だから、都心部の塾だからという理由でわざわざ学校や家から遠い塾に通っている生徒がいました。

 

勉強の質を重視するうえでは、評判がいいところに通うのも納得しますが、時間は有限です。勉強時間がそもそも無くなってしまっては必ずライバルに差をつけられてしまいます。

 

今は、東京の有名講師の授業を映像で見ることも可能です。なるべく塾は家から近いところで検討するといいでしょう。

 

 2-2.生徒の学力に応じた料金

お子さんの成績が平均以下と以上の場合では塾選びのポイントが変わってきます。生徒の点数を10点UPさせる際に、塾講師目線でみると平均点以下の生徒の方が非常に簡単です。

 

しかし、塾では生徒の成績に関わらず一律の授業料がかかります。つまり、お子さんのレベルにあった授業料の塾を選ぶといいでしょう。

 

基本的に、塾は授業料が高いところほど質のたかい指導が受けられます。というのも実績のある講師が指導をしてくれます。安いところだと、近くの大学生が指導することが多いです。

 

レベルの高い生徒はそれなりの質の高い塾でないと成績が上がりにくいでしょう。また、平均以下の生徒は、基本的に勉強時間を確保することが出来ていないケースがおおいので、そこまで授業料が高いところに行く必要もないでしょう。

 2-3.個別指導塾の講師の質

塾には、正社員として長年勤めて実績のある講師と近くの大学生アルバイトの講師がいます。

 

比率としては大学生のアルバイトがほとんどです。また塾の正社員は保護者面談やシフトの作成など、指導がメインではありません。

 

そして、同じ系列の学習指導塾でも大学生アルバイトの質がまったく異なってきます。

 

近くにレベルの高い大学があれば、そこの学生アルバイトの指導を受けることが出来ます。もちろん、レベルの高い大学生の指導が良い指導とは限りませんが、そういった視点で塾を選ぶことも重要です。

 

ひどい塾だと、アルバイト講師が間違った事を教えていたり、解説をそのまま読むだけの指導をしている講師もいます。

 

塾を選ぶ際は、指導してくれる講師のことをしっかりと把握することも重要です。

3.まとめ

 塾選びは、お子さんの将来に関わる重要な選択です。

まずは、本当に塾に入る必要があるのかを検討し、その後お子さんに合った塾を選んでください!