リアルな大学生活のイメージがもてない?友達はできるの?

大学に合格できた!!

と喜びを実感した後には大学生活のイメージができなかったり、友達ができるか不安だったり、色々心配になりますよね。(恋人できるのかな。。。)

私も、目標の大学に合格した後はそんな不安をもちました。。。

でも、安心してください!!

友達は作れます!!いや、作ってください!!

リア充とボッチでは大学生活が大きく変わってしまいます。

今回は、リアルな大学生活や、友達を作る方法についてまとめました。

 

 

 

1.大学生の一日

筆者の生活を大雑把に分類すると主に3パターンの生活を繰り返していました。

①暇な日

②バイトやサークルがある日

③友人と飲みに行く日

人によっては①から③の重みが違うとは思いますが、ほとんどの大学生がこのようなパターンに分けられるんじゃないかと思います。

 

筆者の生活を思い出しながら一日の生活を円グラフにまとめてみました。

 

f:id:ymnew:20190102132228p:plain

大学生活の一日


 これを見ると講義の時間と娯楽の時間がほぼ同じですね!ほんとそうなんです。だって自分で授業を選べるのですから!!

筆者の場合は、娯楽の時間にサークル活動をしたり、サークルのメンバーとそのまま飲みに行ったりしていました。

毎日サークルがあるわけではないので、講義が終わった後にアルバイトにいったりもしていました。アルバイトに関しては、次章でお話しますね。

 

※人によっては講義にも行かず、昼からぐうたらしている学生も。。。

2.アルバイト

 大学や学部にもよると思いますが、筆者の大学ではほとんどの学生がアルバイトをしていました。お金持ちの友人でさえ、アルバイトをしていました。

私の周りで多かったアルバイト先の業界を以下にまとめますね。

  • 飲食業
  • 家庭教師・塾教師
  • 短期アルバイト

逆にこれら以外の業界でアルバイトしている人があまりいませんでした。

 

アルバイトは良い面も悪い面もあります。そこを理解して、アルバイトに取り組んでください!!

・アルバイトのメリット

①大学以外の交友が広がる

残念ながら、同じ学部やサークルで友人が出来なかったりする人も少なくありません。学部を変えるのも大変ですし、後からサークルを変えることも可能ですが、仲のいいグループが出来ているサークルに後から入るには勇気がいりますよね。

ただ、アルバイトは始めるタイミングに影響が受けにくいです!そういった面では、大学デビューに失敗してしまった場合、アルバイトで友人を見つけましょう!

※アルバイトがきっかけで異性と交際がはじまるなんてことも非常に多いです。わたしの周りではサークルや学部同士よりもアルバイトがきっかけで交際していた人の方が多かったような。。。

 

②就職活動で話のネタになる

大学3年生から、就職活動が始まります。その際、面接でよく聞かれるのが「大学時代に力を入れたこと」です。当然学業のはずですが、アルバイトの経験を上手く語ることができれば採用の確率も上がります。アルバイトで困難に直面し、乗り越えることが出来た経験などは就職活動のためにもメモなどを残しておくといいと思います

 

③自由なお金ができる

大学生は、社会人にくらべて自由な時間が圧倒的に多いです。ただ、お金をもっていないという悲しい現実があります。

アルバイトをしていない学生は、奨学金や仕送り等でギリギリの生活をしている人が大半です。アルバイトの収入は、友人との交際や娯楽に使うことができるので、大学生活が豊かになるはず!

人によっては、ブラックバイトに勤めてしまいお金がたまっても時間がないなんて人も。。。アルバイトを始めるときは周りの友人の紹介など、実際の現場を把握してから始めることがお勧めです!

 

・アルバイトのデメリット

①学業への支障

アルバイトに時間をとられ、学業がおろそかになり単位を落とし留年なんてことがおきたら元も子もありません。

留年すると学費が1年分余計にかかってしまいます。国立大学だと約60万円/年 の学費がかかります。私立の場合は大学にもよりますが、約2倍ほどかかるでしょう。その費用をアルバイトで捻出できますか?できたとしてもプラスではないですよね。

そうならないように、アルバイトでお金を稼ぐことが第一優先にならないように注意しましょう。世間ではブラックバイトの存在が取り上げられています。もしそのようなところで働くことになってしまった場合は、一人では抱え込まず大学の学生支援課等にサポートしてもらって下さい!

 

・アルバイトのまとめ

実際、アルバイトは学業に支障が出なければ、プラスの面ばかりです。これから大学生活が始まる皆さんは、学業を第一優先にアルバイトを経験してもらいたいと思います。

 

個人的に、異性との交際が始まりやすいのは飲食業だと思います。男女比が飲食業だと1:1に近く、コミュニケーションが必須のため恋愛に発展しやすい傾向があります!!

ただ、ブラックバイトが多いのも飲食業なので、必ず調べてから始めましょう。

また、コスパが良いアルバイトは塾講師や家庭教師です。飲食業に比べて時給が高いです。ただまじめにやると予習などに時間がとられ、実質の時給は飲食業と変わらないかも?

ただ、SNS等を駆使して、ご家庭と直接契約を結び時給数千円で家庭教師をしている友人もいました。賢くお金を稼げていますね!もちろん、家庭教師では、交友関係は広がりません。

3.サークル

 大学生活を充実させるために、サークル活動の参加は非常にお勧めです。

高校時代まで続けていたスポーツ、音楽、趣味のサークルに入るのもいいですし、新しく何かを始めることもいいでしょう。

ただ、新入生勧誘活動時期を逃すと、後から入部するのはなかなか難しい所があります。

筆者の加入していたスポーツサークルでも、2年生から加入した人はサークルに馴染むことができず、だんだん顔をださなくなりました。もちろん馴染むことができたメンバーもいますが、相当のコミュ力と勇気が必要だと思います。

サークルの新入生勧誘活動時期は、大学生活4年間を左右するといっても過言ではありません!!「後からでいいや」とは思わず4月に色々なサークルを見てまわりましょう。

4.まとめ

大半の人が、大学に合格しても、その後に生活に不安を覚えると思います。ですので、何もしないで後から後悔するよりは、最初は積極的に周囲に話しかけ友人を作っていきましょう!

 

まずはサークルを見て回りましょう!アルバイトはその後です!

 

筆者は、すでに大学院を修了し、社会人となりましたが、大学時代の友人とは就職した後も交際があります。会社の愚痴をいえたり、過去の思い出を話せる友人がいることは非常に幸せです。

 

是非、大学生活を有意義にすごしてください!!